災害ボランティアとして活動する

せたがや災害ボランティアセンターでは、これまで多くの災害ボランティアを派遣しています。
2018年~2019年に実施した「西日本豪雨災害被災地支援ボラバス」で岡山県倉敷市へおよそ120名のボランティアを派遣しました。そのさいには東日本大震災で災害ボランティアとして活動されてきた方たちが、初めて災害ボランティアとして活動する方にノウハウを伝える場にもなりました。

災害ボランティアとして被災地へ行くときは

1 まずは現地の情報を収集しましょう

・ボランティアの受入れについては、被災状況によって変わります。
現地ボランティアセンターなどのホームページやfacebookなどで募集状況をきちんと確認しましょう。
・現地への交通手段、宿泊方法、食事の調達方法などを調べましょう。特に被災直後では、現地で調達できません。地域によっては車の乗り入れができないこともあります。

2 現地へ行くだけが支援ではありません

・物資や募金などによる支援も行えます。
・物資を送る場合は、送る中身、梱包方法、発送方法など、ルールを守って送りましょう。送り方、送る内容によっては、被災者の迷惑になることもあります。

3 ボランティア保険に加入していきましょう

・ボランティア保険は、被災地での活動中のけが、被災地で活動中に物を壊してしまって弁償する際などの保障になります。現地へ行く前に世田谷ボランティア協会、或いはお近くの社会福祉協議会で加入手続きをしましょう。

4 現地の状況を見ながら、装備を整えましょう。

災害の内容によって、必要な装備が変わります。

5 現地で活動する時に大事なこと

・被災者の気持ちを汲んだ活動が大事です。

世田谷区が被災した時は

区内の小中学校に避難所ができると、「サテライト」が設置されます。
サテライトへ行き、ボランティアとして活動できることを伝えてください。
その時のニーズの状況で、作業をお願いすることになります。

災害ボランティアコーディネーターとして活動する

コーディネーターについてはこちらをご覧ください。
ここでは、災害時にコーディネーターとして活動されるときの流れを掲載しています。

  1. 平時から、登録コーディネーターの方には活動先となる「マッチングセンター」や「サテライト」が指定されます。
  2. 発災後、登録コーディネーターの皆様に、せたがや災害ボランティアセンター本部からメールで連絡をします。指定された場所でコーディネーターとして活動できる方を募る内容になります。
  3. 指定された避難所へ行き、マッチングセンター・サテライトの設置準備を行います。
  4. 開設準備ができたら、サテライトはマッチングセンターへ、マッチングセンターは本部へ連絡します。
  5. サテライトでは、避難所運営者と協力し、すぐにニーズを収集します。